おでこニキビの原因?対策は?|めいことれんたの備忘録

ニキビ

 

ニキビは日本人の90%以上が経験者だ!

おでこニキビはホルモンが影響している。そして水分が足りていない。

 

おでこニキビを何とかしたい!

メイコ
メイコ

最近、弟のレンタのおでこニキビがひどいんですよ…

お父さんが思春期のシンボルだなとか言ってたけど何ですか?

 

マイ先生
マイ先生

思春期ニキビで”おでこ”は出来やすい代表的な部位です。

『おでこのニキビは青春のシンボル』なんて言われていますが、そんなフレーズができるくらい、ティーンの頃にできやすい場所なんです。

 

レンタ
レンタ

おでこにニキビがたくさん出来てきました。

真ん中辺に大きいのもあるし汗

大きいのは潰したい…

 

マイ先生
マイ先生

潰してはだめですよ。

潰した傷口からばい菌が入って悪化する原因になってしまします。

まずは、おでこニキビの特徴や原因を見ていきましょう。

 

おでこニキビの原因

顔の上部で、眉と髪の生え際の間

顔面の他の部分に比べ、皮脂の分泌量が多く、オイリーになりやすい部分。

思春期ニキビでは多くの人が経験しているニキビ。多くの人ができる場所です。

隠したいけど隠せない、そんな場所のおでこニキビ。

10代の思春期ではホルモンが影響している場合が多く、ストレスも悪影響です。

Tゾーンと呼ばれる上の部分(眉の上)。おでこもTゾーンに含まれて使われることもある。

 

 おでこにニキビができる原因 
皮脂の過剰分泌
おでこは皮脂腺が多く集まっているので、皮脂が過剰に分泌されると毛穴につまってしまい、ニキビの原因になってしまいます。(毛穴に皮脂が詰まった状態を白ニキビといいます)
刺激をあたえる
髪の毛がふれる、手で触る、帽子、シャンプーの洗い残し、整髪料の付着など(アクネ菌の増殖を悪化させる要因になる)
髪や手には汚れやホコリが多く、付着するとアクネ菌の栄養源となり、炎症を起こし”赤ニキビ”になってしまう原因となります。
ホルモンバランスの変化
成長に伴って男性ホルモンが増えて皮脂腺を刺激する。
体には様々なホルモンが存在していて、体の状態を一定に保つため、必要なときに必要な量が分泌されています。しかし、ストレスや睡眠不足などでホルモンの分泌量が少なくなったり、多くなったりして、ホルモンバランスが乱れると、体に不調が現れるようになってしまいます。

おでこニキビの予防と対策

優しく洗顔そして保水、むやみに触らない、隠さない、よい睡眠。

早く治したいならスマホ我慢して早く寝る!

現代では睡眠時間(良い睡眠)を取れていない人が多いんです。

 おでこニキビの予防・対策 
洗顔
ゴシゴシ洗いNG
余分な皮脂を取り除き清潔な肌を保つ ※優しく洗おう!
洗顔後は保水性のある化粧水を使用すると良いです。
※保湿性のものより保水性があるものがおすすめ
もちろん保湿することも大事です
刺激をあたえない
前髪や帽子などおでこに触れる要因を取り除き刺激をあたえない。
前髪はおでこにかからないようにアップにするかピンでとめたり、短くするなどヘアスタイルに注意してください。
ニキビを触らない・潰さない
刺激をあたえてしまう他、細菌が入ってしまいニキビを悪化させる原因になります。
初期のニキビは潰した方が治りが早いなんて言う人もいますが、絶対に自分で潰さないでください。ばい菌が入って悪化する原因になるだけです。
シャンプーやトリートメント(整髪剤)を残さない
シャンプーやトリートメントなどはニキビを刺激させて悪化させてしまい、毛穴に汚れを詰まらせてしまう原因になります。
汚れを洗い落すことだけではなく、きちんと洗い流すことを心掛けましょう
おでこの他の呼び方や表現:額(ひたい)、でこ、ぬか、Tゾーン

 

Tゾーン
額、鼻筋にかけた T 字形の部分
おでこから鼻筋にかけてのTの字型になっているのでTゾーンと呼ばれています。
顔面の他の部分に比べ、皮脂の分泌量が多く、オイリーになりやすい部分。
スキンケア対策でよく使われる言葉です。

 

 

まとめ

 

マイ先生
マイ先生

思春期ニキビ”おでこ”について、代表的な原因と予防・対策をご紹介しました。

どの部分のニキビにも共通して言えることですが、私が特に意識しているニキビ予防5項目です。

 

・肌を清潔にする

・肌の保湿を心掛ける

・バランスの良い食生活

・良い睡眠(ターンオーバー正常化を意識した)

・ストレスを減らす

 

 

ニキビ痕にならないよう肌に優しい生活を心掛けて下さい。