口周りニキビの原因?対策は?|めいことれんたの備忘録

ニキビ

 

ニキビは日本人の90%以上が経験者だ!

口周りニキビはホルモンバランスが影響している。そして乾燥が大敵。

 

口周りニキビを何とかしたい?

メイコ
メイコ

最近口周りのニキビが増えてきたんですが…

人と話をしていると見られているようで気になります。

 

マイ先生
マイ先生

口周りのニキビは思春期に限らず大人になってもできやすい部分です。

口もとのニキビは、乾燥、体調不良などが原因でできてしまう人が多いです。

また、ストレスもホルモンバランスの乱れになりニキビに悪影響を与えます。

 

レンタ
レンタ

メイコのニキビってカサカサしてるよね…

最近怒ってばっかりでストレス溜まってるんじゃないの?

 

マイ先生
マイ先生

口の周りは皮膚が薄いため、乾燥しやすい場所といわれています。
口もとは潤いが不足がちになり、炎症を起こしやすく治りにくい場所でもあります。

 

 

口周りニキビの原因

口の周り、口元、唇

体調管理や疲れやストレス、食生活の乱れなどからニキビができやすい。

おでこなどと顔全体にできるケースと、口周りに集中してできるケースがあります。

また、普段はニキビができないのに、体調が思わしくない時にできやすいという特徴があります。

 

 口周りにニキビができる原因 
乾燥
口の周りは皮膚が薄いため、乾燥しやすく、乾燥により肌のバリア層が弱まってしまいます。
一般的に、肌が乾燥した状態になると、肌にうるおいを与えようとして皮脂を分泌するはたらきが強くなっていきます。これにより皮脂が過剰に分泌し、ニキビになってしまいます。
ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスは、ストレスや疲れ、睡眠不足などで乱れがちになってしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になり、ニキビができやすい状態になってしまいます。
睡眠不足
睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れだけでなく、肌のターンオーバーの乱れも引き起こしてしまい、症状を悪化させてし肌のターンオーバーが乱れると、皮膚のいちばん外側にある角質が厚くなるため、さらに皮脂が詰まりやすい状態になって、ニキビができてしまいます。
近年ではスマートフォンやタブレットに夢中になり睡眠をとれていない人が増えてきています
疲労やストレス
ホルモンバランスを崩しやすくなります。
冷え性
下半身が冷えると子宮や卵巣も冷え、ホルモンバランスを崩しやすくなります。
刺激物の飲食
香辛料などの刺激物はニキビに悪影響です。
抗生物質を長期間にわたって飲み続けている
免疫力や抵抗力が低下してしまいます。
頭痛薬や生理痛の薬、痛み止めをよく服用する
胃が荒れてしまう。体の不調につながりニキビの悪化にもつながってしまいます。

 

口周りニキビの予防と対策

軽い運動などストレス解消できるものを見つけてみよう!

早く治したいならスマホ我慢して早く寝る!

現代では睡眠時間(良い睡眠)を取れていない原因がスマホの人が多いんです。

また、マスクで隠すのも刺激をあたえてしまい、よくないとされています。

 

 口周りニキビの予防・対策 
潤いを与える
口周りニキビは何といっても乾燥させないこと。
洗顔後は化粧水で潤いを与え、保湿力の高い美容液や乳液、オイル等でお肌の表面をカバーしましょう。
ターンオーバーを整えよう
新陳代謝と言ったった方が私は分かりやすいのですが、肌の細胞は約28日周期で生まれ変わり、良い睡眠やストレスをなくす事(他の要因も多々ありますが)で改善しましょう。
睡眠の質にこだわろう
ホルモンの分泌は時間帯で午後10時から午前2時が最大となるので、この時間を中心に睡眠をとることをおすすめします。が10時に寝るのは無理という人も多いと思います。
どうしても睡眠時間をとれない場合はできるだけ睡眠の質にこだわりましょう。照明は暗くし、室温や湿度を調整するなど、心地良い睡眠がとれる環境をづくりを心掛けましょう。スマホやタブレットは寝ながら見るのはやめましょう。
ストレス発散しよう
ゆっくりお風呂に入るようにしたり、軽い運動(散歩もいいですね)をするなどできるだけストレスを溜めないようにして、ホルモンバランスを整えていきましょう。
しっかり体を保温
冷え性の人は、白湯や味噌汁、生姜など体が温まる食材を使った食べ物を積極的に摂るようにしましょう。
刺激物は控えた食事をしよう
辛い食べ物を食べすぎると胃腸に負担がかかり、消化吸収や自然治癒力などに影響が及びニキビにつながってしまいます。
ちなみに刺激物ではないですがチョコレートを食べるとニキビができるというのを聞いた事がありますが、ウソです。チョコレートなど糖分をとりすぎるからなのです。
抗生物質や頭痛薬、整理痛などの薬は規定内で
頭痛などで薬を規定以上もしくは短い時間で服用する人がいますが、飲みすぎなど習慣化しないよう注意しましょう。どうしても習慣化してしまっては悪循環です、医師への受診をおすすめします。

 

口周りの他の呼び方や表現:口元、口もと、唇

 

まとめ

 

マイ先生
マイ先生

ニキビ”口周り”について、代表的な原因と予防・対策をご紹介しました。

どの部分のニキビにも共通して言えることですが、私が特に意識しているニキビ予防5項目です。

 

・肌を清潔にする

・肌の保湿を心掛ける

・バランスの良い食生活

・良い睡眠(ターンオーバー正常化を意識した)

・ストレスを減らす

 

 

ニキビ痕にならないよう肌に優しい生活を心掛けて下さい。