鼻ニキビの原因?対策は?|めいことれんたの備忘録

ニキビ

ニキビは日本人の90%以上が経験者だ!

顔の中でもとくに、鼻ニキビは皮脂の分泌が多い場所。ホルモンバランスの乱れとメイク汚れが原因かも。

 

鼻ニキビを何とかしたい!

メイコ
メイコ

鼻のニキビって目立つから気になちゃいます…

気になると、ついつい触っちゃったり、潰しちゃいます

 

マイ先生
マイ先生

気になるからといってニキビを触ったり、潰したりしてはいけません。

鼻ニキビは目立ってしまうので、皮脂を無理やり押し出そうとする人が多いのですが、肌を傷つけてしまうため、症状が悪化してしまうおそれがあります。詰まった皮脂の表面が黒く見える”黒ニキビ”も多く見られる場所です。

 

レンタ
レンタ

ストレスを感じた時に増えたような気がします。

 

マイ先生
マイ先生

ストレスや疲れによりホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。そして皮脂が詰まりやすくなってしまいます。

 

鼻ニキビの原因

顔面の中央にある三角形の高まり

顔の中でも、皮脂の分泌量が多く、オイリーになりやすい部分。

鼻は、皮脂腺が集まっていて、皮脂の分泌が盛んな場所です。
とくに女性の場合はメイク汚れが毛穴に詰まってしまうことが原因となり、小鼻の黒ずみが目立つようになってしまいます。

 

 鼻ニキビができる原因 
過剰な皮脂の分泌
鼻は皮脂の分泌が多く汚れが毛穴につまりやすい。(毛穴に皮脂が詰まった状態を白ニキビといいます)
刺激をあたえる
顔の中でも特に鼻は出っ張っているため手で触りやすい部分のため、触ってしまうと皮脂腺を刺激し、余計に皮脂が分泌してしまうこともあります。
手には汚れやホコリが多く、付着するとアクネ菌の栄養源となり、炎症を起こし”赤ニキビ”になってしまう原因となります。
メイクの汚れ
小鼻周りは凹凸が多く、ファンデーションなどが落としにくい場所です。こうした落とし残しのメイク汚れは、皮脂と混ざり合った状態で毛穴に詰まると、ニキビを悪化させるアクネ菌の栄養源になってしまいます。
ストレスや疲れ
ストレスや疲れで、さらに皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。
さらにはホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。
ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌が過剰になってしまいます
とくに女性は、生理前になるとニキビで悩むひとが多いようです。生理周期は女性ホルモンによって保たれていますが、この時期に分泌される黄体ホルモンが多いと、皮脂分泌がさらに過剰になってしまいます。

鼻ニキビの予防と対策

鼻ニキビのできる原因を取り除くため、生活習慣を見直すと同時に、適切なお肌の手入れをすることが基本となります。

また、ヘルシーな食習慣や、睡眠をしっかりとって生活リズムを整え、ホルモンバランスを整えましょう。

ストレスや疲れを溜めないよう、休息やリフレッシュの時間を設け、代謝をアップさせるために適度な運動も効果があります。

 鼻ニキビの予防・対策 
洗顔
ゴシゴシ洗いNG
洗顔のときに、詰まった汚れを落とすことが大切です。ごしごし洗いはダメです。優しく洗いましょう。
洗顔後は化粧水などでしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。
刺激をあたえない
ニキビを触らない、潰さない。
洗顔時で熱いお湯だと肌への刺激が強いため、ぬるま湯を使用するなど、なるべく刺激を少なくするのもポイントです。
毎日のスキンケア
洗顔のときに、詰まった汚れを落とすことが大切です。もっちりとした泡をつくってやさしく洗い流しましょう。
ストレスを溜めないようリラックスしよう
心地良い時間を過ごしたり、睡眠をしっかりとる事がおすすめです。
さらに、食生活や栄養バランスを見直すことで、肌状態が整います。食習慣とともに、睡眠をしっかりとって生活リズムを整え、ホルモンバランスを整えましょう。ストレスや疲労を溜め込まないよう、休息やリフレッシュの時間を設けるとともに、代謝をアップさせるため適度な運動も必要です。
また、便秘もニキビの大敵ですから、食事や運動に気を配って快便を心がけてください。
鼻の他の呼び方や表現:はな、nose(ノーズ)

 

 

まとめ

 

マイ先生
マイ先生

”鼻”ニキビについて、代表的な原因と予防・対策をご紹介しました。

どの部分のニキビにも共通して言えることですが、私が特に意識しているニキビ予防5項目です。

 

・肌を清潔にして保湿を心掛ける

・触らない、潰さない

・バランスの良い食生活

・良い睡眠(ターンオーバー正常化を意識した)

・ストレスを溜めない

 

 

ニキビ痕にならないよう肌に優しい生活を心掛けて下さい。