思春期ニキビができた!ニキビの基礎知識|めいことれんたの備忘録

ニキビは病気!?そのままほっとくと治ると思っていませんか?

 

レンタ
レンタ

ニキビができて来たんですが、みんなできているし、ほっといても治りますよね?

 

マイ先生
マイ先生

ニキビはレンタが思っているより複雑な病気です。

毛穴のつまりやニキビ菌など原因は一つではありません。

放っておくと、治りにくくなったりニキビ跡が残ってしまうこともあります。

早くきれいなお肌にするためには正しい知識を身につけましょう

 

レンタ
レンタ

えっ!

ニキビって病気なんですか!?

 

マイ先生
マイ先生

私たちがニキビと呼んでいるこの症状、実は皮膚の慢性炎症性疾患に位置付けられ、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の病気なんです

実は日本人の90%以上が生涯のある時点でニキビを経験していると言われています。

※尋常性痤瘡(炎症性皮膚疾患の一つ)

 

ニキビができる原因

ニキビのできる主な原因は以下のようなものが挙げられます。

 

過剰な皮脂の分泌

思春期ニキビは、女子も男子も成長期に性ホルモンの分泌が一時的に活性化することで、毛穴の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりニキビになります

女性では男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがくずれ、ニキビの原因のひとつになります。

 

毛穴が詰まる

肌の細胞には、一定周期ごとに生まれ変わるターンオーバー(角質代謝)機能(通常は28日と言われている)というものがあり、それが乱れると毛穴の出口の角層もはがれないでとどまり、厚くなって出口をふさいでしまい皮脂の逃げ場所がなくなってしまいプクッと膨らんできます。(この状態が白ニキビです)

 

精神的なストレス

現代社会では精神的ストレスを感じている人が増加傾向にあります。

ストレスを感じた時に分泌されるホルモンは、抗ストレス作用の他に、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。なので、強いストレスや慢性的なストレスが続くと、男性ホルモンの影響で皮脂の過剰分泌と、角質が厚くなります。よって皮脂がたまりやすい状態を作り出してしまいます。

ニキビは思春期だけでなく、最近では20代や30代でニキビに悩まされる人が増えています。仕事などの疲れや悩みでストレスを受け肌の調子を悪くしているのです。

 

食生活の乱れ

ニキビが出来やすい食べ物として挙げられるのは

脂肪分が多いもの(脂っぽいもの)や刺激物系はニキビや肌荒れの原因になりやすいので接種する量を控えるのが効果的です。

チョコレートやピーナッツを食べ過ぎるとニキビが出来ると聞くことがありますが、ニキビとの因果関係は分かっていません。なのでチョコレートなどを食べて悪化する人は控えた方がいいかもしれません。

中にはイクラやカズノコなど魚卵系の食べ過ぎで、ニキビが出来てしまう人もいます。

バランスのとれた食事をとるよう心掛けてください。

 

睡眠不足

ホルモンの分泌や疲労の回復は、午後10時から午前2時のあいだに睡眠をとることによって高まると言われています。

昔から「8時間寝なさい」と言われたりしますが、単に8時間寝ても睡眠不足の解決にはなりません。

夜の10時~14時を中心に大人で7時間30分の睡眠が良いと言われています。

皮脂の分泌はホルモンによって制御されています。

睡眠はただ寝て体を休めているだけではないんです。

ホルモンには朝と夜で分泌バターンが変わるものがあり、睡眠不足や日中が逆転してしまう生活などは、ホルモンのバランスが崩れるてしまい、ニキビの悪化につながってしまいます。

できるだけ規則正しい生活を心掛けることが大切です。

 

ニキビ菌(アクネ菌)の繁殖

ニキビ菌(プロピオニバクテリウム アクネス)、アクネ菌とも呼ばれています。

アクネ菌は誰もが持っている肌の常在菌です。

毛穴がつまり、皮脂が充満した中(白ニキビ)で増えていき、増殖したアクネ菌はニキビの炎症を引き起こし、赤ニキビができます

 

 

レンタ
レンタ

 ニキビの原因ていろいろあるんですね。

食生活や睡眠などできる事から改善していこうと思います。

 

マイ先生
マイ先生

ニキビの主な原因を挙げましたが、

そのほかにも、体質、肌質などもあります。また汗をかきやすい季節は皮脂の分泌が盛んになりやすくなります。

遺伝なども挙げられますが、海外では重症度が違うというデータもあがっているようです。ニキビは日本人の9割以上が掛かる病気と言われているので、遺伝についてあまり心配しすぎる必要はありません。

 

まとめ

ニキビは病気だということを理解し、現在の自分のニキビの症状を知ることが大事です。

けして放っておくことのないようにして下さい。

正しい知識を身につけて、自分の現状をしることにより、早めのケアができるようになっていきます。

ニキビ跡になってしまうと、元の肌に戻すのは難しくなります。

思春期に長期わたり症状を悪化させると治すのが難しくなるだけではなく、跡が残ることにより心理的な影響を大きく受けるケースがあり、学校でのいじめの対象になったり、不登校になることもあります。

ニキビ跡の治療は特別な治療となってしまうので時間もお金もかかってしまいます。

ここではニキビができる原因をご紹介しましたが、ニキビとは、あなたが思っているより複雑な病気です。安易な自己判断をせず、酷くなる前に病院(皮膚科)で相談することも考えましょう。