思春期ニキビ?大人ニキビ?違いは?|めいことれんたの備忘録

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあります。

 

マイ先生
マイ先生

ニキビは思春期ニキビ大人ニキビ(吹き出物)とニキビのできる年齢で分けられます。

それぞれ原因やできる場所も違ってきて、その対処法も違ってきます。

自分のニキビの種類や原因を知って、自分のニキビに合った対処法を選びましょう。

 

 

 

 

思春期ニキビとは?

思春期ニキビの特徴

10代に多く見られる『思春期ニキビ』は、女子も男子も、成長期に性ホルモンがくずれ、分泌が一時的に増えることで、皮脂が過剰に分泌されることが原因。

・毛穴に皮脂が詰まりやすくなる

・Tゾーン(おでこから鼻先)や鼻の周りにできやすい

・20代前後になるとホルモンバランスが安定しだし、自然に治りやすい

中学生や高校生が悩んでいるニキビは思春期ニキビと言われるものです。

思春期ニキビの原因は?

・過剰な皮脂の分泌

・性ホルモンのバランスの乱れ

・脂肪分の多い食事や刺激物の過剰な摂取

など

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなり、皮脂を好物とするニキビの原因となるアクネ菌(ニキビ菌)が繁殖しやすくなります。

思春期に強く炎症したニキビは跡が残って重度の場合、クレーターになってしまうことも…

ニキビ痕になってしまうと、大人になっても治らない凸凹皮膚になる可能性があるということです。

予防・改善策

洗顔と保湿

・常に肌の清潔を保つ

・特に汗ばむ季節は、こまめな洗顔を心掛ける

むやみに触らない(刺激をあたえない)

・脂肪分の多い食事や刺激の多い食べ物を控える

 

マイ先生
マイ先生

基本のケアは、常に肌の清潔を保つことです。とくに汗ばむ季節は、こまめな洗顔を心掛け、その際は手洗いをして雑菌を寄せ付けないようにしましょう。

また、刺激を与えすぎないよう優しく洗顔するよう心掛けて、さらに食事での刺激も控えましょう。

 

 

 

大人ニキビとは?

大人ニキビの特徴

思春期ニキビと違って乾燥肌の人にもできる。顔の中では皮脂の少ない、Uゾーンや首、デコルテ(鎖骨)にできやすいと言われている。生活習慣の乱れや、乾燥、ストレスはニキビを悪化させる原因につながります。

・20代以降に多い

・乾燥肌の人にもできる

・毛穴周辺がカサカサして乾燥しやすい

・Uゾーンと呼ばれる顎(あご)や口の周りにできやすい

・首回り、デコルテ(鎖骨)にできやすい

・大人ニキビは吹き出物とも呼ばれる

・不規則な生活やストレスが悪化させる原因となる

・大人ニキビは治りにくい

・同じところにできやすい

大人ニキビの原因は?

・思春期ニキビとは違い大人ニキビの原因は千差万別

・間違ったスキンケア

・ホルモンバランスの乱れ

・肌の乾燥、保湿不足

疲れやストレス

ターンオーバー(肌代謝)のリズムの乱れ

・不規則な生活習慣

・食生活の乱れ

・睡眠不足

・脂肪分の多い食事や刺激物の過剰な摂取

・シャンプーや洗顔料のすすぎ残し

・肌に直接ふれる衣類や寝具の不衛生

・酒やタバコ

など

大人ニキビは様々な要素が重なり、この要因によって、肌のターンオーバーのリズムが乱れ、古くなった角質がたまり、毛穴に詰まりやすくなって、ニキビになりやすいと考えらます。

また、肌をいじることによって物理的に刺激させて炎症をおこしやすくなる。手に雑菌がついているとさらに悪化しやすい。枕カバーも顔が触れるので要注意です。

 

マイ先生
マイ先生

様々な原因の中でもストレスと生活習慣の乱れは、悪化の原因として多く意見があがる中、私は特にストレスがニキビの悪化につながると感じています。

予防・改善策

・保湿

・洗顔、顔を洗うときはやさしく

・必要以上に肌をいじらない(刺激をあたえない)

・衛生的に毎日の枕カバー交換、またはタオルを巻く

・食事は昔ながらの日本食がおすすめ

・睡眠時間は22時~2時をコアタイムとするようにして、6時間以上

・酒、たばこを控える(やめられればなお良い)

マイ先生
マイ先生

ケアの基本は保湿と洗顔です。化粧水だけでは不完全で、必ず乳液やクリーム、オイルなどの油分を含むものも必要ですよ。

 

 

マイ先生
マイ先生

思春期ニキビと大人ニキビの違いをご紹介しました。

思春期の時期は過剰な皮脂の分泌が多いのです。

成人では仕事や家事などの疲れやストレス(悩み)などで肌の調子を悪くしていることがあります。

お酒やタバコの過剰な摂取も原因のひとつになります。

これに対する日々のケアが大事だということです。